女性と便秘

女性と便秘

何故女性は便秘になりやすいのでしょう?

女性で便秘に悩む人は数多くいます。日本人女性の2人に1人は、便秘の症状が見られます。なぜ便秘は女性に多いのでしょうか?

1.女性ならではの身体的理由

女性と便秘一般的に男性と比べると、女性の体は当然、筋力が弱いという特徴があります。つまり、腹筋も弱いということになります。腹筋は、大腸に入ってきた内容物を移動させようとする運動に影響しています。筋力が低下すると、腸の内部で内容物を移動させる能力も低下するため、便秘を引き起こしやすくなるといわれています。また女性の場合、男性よりも骨盤が広いため、骨盤内に腸が落ちやすくなっており、腸がたるんで曲がっている状態になってしまいます。
腸がたるんでいると、便が通過する時間も長くかかってしまいます。小腸の出口まではどんな人でも便はまだ水分を多く含んでいます。大腸での停滞時間が長くなることによって、必要以上に便の水分が吸収されてしまい、大腸の通過を妨げてしまい、それが便秘の原因となります。

2.ホルモン的理由

女性ホルモンも影響します次に考えられるのが、ホルモン影響です。黄体ホルモンが便秘の要因になっているからです。この黄体ホルモンには、主に女性の体、特に子宮に妊娠の準備を整える働きがあり、具体的には子宮の収縮を抑える作用があります。これが腸を動かす筋肉に影響します。これにより、便の通過が悪くなって便秘の原因になります。また筋腫や卵巣嚢腫が大きくなり、腸を圧迫することで便秘を引き起こす場合もありますので、この場合は産婦人科の診察を受けることをおすすめします。

スポンサードリンク

ページの先頭へ