便秘の症状

便秘の症状

便秘ってどういう状態?

便秘の症状便秘とは一般的に、「通じがスムーズに行われない状態」のことをいい、快便」の対語であるといえます。便秘の症状は、人によってそれぞれで、毎日出ている人にしてみれば、1日でも出ないとなんだかお腹の中が心地が悪でしょうし、3日に1度のペースの人は、それが通常になってしまい、さほど苦痛に感じない人もいるかもしれません。中には1週間以上でないという人もいるようで、これはかなりの苦痛が伴うようです。

何日出なければ便秘?

日々出なければ…という人もいるようですが、便秘をある期間の排便回数で定義付けすることは非常に困難なのでが、日本内科学会で決められている定義では、「3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態」とされています。
「その人の排便のリズムよりも著しく排便回数が減少してしまったような状態」、つまり、「すっきりと排便できない!」状況を便秘というのです。
特に重要なのは、便の状態。極端な話、1週間以上出ていないという状況でなければ、水分量がほどよくある、茶褐色系の正常な便が出ている限り、基本的に便秘の心配は考えにくいといっていいでしょう。ただし、排便時に痛みや心地悪さを伴ったり、出たあともまだ残便感があるような時は、日数や回数に関わらず、便秘である可能性があります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ