便秘と病気

便秘が病気を引き起こす

腸内環境の悪化が大病の原因に

便秘が大病の原因に!便秘によって腸内環境が悪化することが原因で、さまざまなな症状が病気として出てきます。大腸がんや直腸がん、肝臓病や腎臓病、腸閉塞や腸ねん転、腸管の癒着など、便秘が原因になって発生する可能性のある病気として非常に大変な病気が挙げられます。これらほど大変な病気ではありませんが、他にも痔や過敏性腸症候群になることがあります。
これらの病気のすべての原因が便秘によるものではありませんが、便秘の悪化を解消することができないことは一時の苦痛や不快だけではなく、非常に危険なことが上記のことからお解り頂けるかと思います。

生活習慣を改善し便秘を予防する

便秘が原因で肩こりになるケースも!さらに大病だけではなく便秘が原因で頭痛やめまい、肩こりの原因にもなります。便秘によって腸の中で発生した有毒な物質は、自律神経を乱すきっかけにもなり、これが頭痛やめまいの原因になります。
こういった悪循環にならない為にも便秘の原因となる不健全な生活習慣を改善し便秘を予防することが大切です。
また、既に便秘になっている場合は早くそれに気付いて解消することが必要です。

便秘と病気の微妙な関係

便秘に直接関係がない病気のなかにも、便秘とともに注意しなければいけない病気がいくつかあります。また、病気を治すために飲んでいる薬が、便秘を誘発することもありますが、便秘になるからといって、薬の服用をやめるわけにはいきません。まずは医師と相談して、便秘になりにくいお薬があれば交換してもらうようにし、また自分でも便秘解消の運動などを試みてみましょう。

スポンサードリンク

ページの先頭へ