便秘と肌荒れ

便秘と肌荒れ

便秘が肌荒れの原因になる

便秘解消は美容の永遠のテーマ便秘が肌荒れを起こすことは女性であれば誰もが知るところでしょう。数多くある肌荒れの原因の中でも便秘は代表的で、非常に大きな原因のひとつです。美容に関心を持つ女性にとって便秘を解消するということは、永遠のテーマと言っても過言ではありません。
便秘によって、便が腸の中に長い時間たまっていると、腸の中で腐敗が進行します。それが理由で体内で毒素が発生して、血液中の有害物質が少しずつ増加して、血液の循環を悪くしてしまいます。

血液循環の悪化が肌年齢を悪化させる

便秘は血液循環させます血液の重要な役割として、酸素と栄養を体の隅々まで運ぶことがありますが、この循環が悪くなることによって肌の状態も悪化させてしまうことになるのです。栄養がしっかりと届いていない肌は免疫力が衰えてしまい、弱ってしまいます。そういった状態になると肌が荒れてしまい、ニキビやフキデモノができてしまうのです。
さらに血液の循環が悪くなることによって、新陳代謝も悪くなってしまい肌荒れだけではなく、新しい皮膚が生まれてくること(ターンオーバー)もスムーズに進まなくなってしまい、結果として肌年齢を悪化させてしまいます。それがやがてシミやくすみなどの原因となってしまいます。便秘を解消するということは血液の循環を良くすることと密接した関係にあります。若々しいきれいな肌を保つためにも便秘の解消は必須です。

スポンサードリンク

ページの先頭へ