妊婦の便秘と解消法

妊婦の便秘

妊娠期の便秘対策

妊娠すると便秘になりやすくなります。普段は、便秘がちではなかった人でも、妊娠すると便秘になりやすくなるのは何故でしょうか。妊娠初期の段階から、出産後までの便秘について紹介します。

1.妊娠初期の便秘

妊娠初期のつわり女性の体調は黄体ホルモンによって左右されています。妊娠することによって黄体ホルモンの働きがふだんよりも活発になります。これにより、便の通過が悪くなって便秘の原因になります。期間として妊娠4ヶ月くらいまでこういった便秘になりやすい活発状態が続きます。
さらに妊娠初期は、つわりやつわりのひどくなった悪阻により、どうしても食事量が減少し運動不足にもなりがちですので、よけいに便秘になりやすい条件が重なってしまいます。食欲がなくても食事はしっかり取るように心がけましょう。
妊娠初期の段階を通過すると、黄体ホルモンの量も徐々に減少します。つわりも治まる時期なので、便を出しやすい条件が揃います。

妊娠初期症状»

妊娠中期の便秘

妊娠中期妊娠中期になると少しづつお腹が大きくなり、子宮が腸を圧迫し始めます。子宮が大きくなることによって血管も圧迫されます。腹部の余剰スペースが子宮に取られる事で便秘を起こしやすくなります。同時に肛門にうっ血を起こしてしまうことがあり、これが原因で痔を引き起こし、排便の際に痛みが起こります。痛みが嫌で便意を我慢してしまうようになり、こういうことが便秘を悪化させてしまう原因となります。
排便の際は、ふんばらなくてもスムーズに出ることが一番ですが、やはり少なかれふんばってしまうものです。便秘がちな人であれば当然、ふんばる癖もついていることでしょう。妊娠すると、ふんばること自体がよくない行為に思えてしまい、これまでふんばらないと排便できなかったものが、余計に出せなくなってしまいます。
便秘の苦痛がストレスになると、胎児にもいい影響は与えません。
できるだけ水分を多く摂るなど工夫をして、自然に便を出せるようにして解消しましょう。どうしてもでない場合は、浣腸で排便を促進する必要があります。

出産後の便秘

出産後に便秘になる原因は、出産する時に会陰切開をした傷が痛み、便意を我慢しがちになってしまうことと、赤ちゃんに母乳を与えることによって体内の水分が不足してしまい、水分不足が原因で便秘になってしまいます。出産後はふだんよりおおく水分を多く摂るようにして解消しましょう。

スポンサードリンク

ページの先頭へ