特定保健用食品・キシロオリゴ糖

キシロオリゴ糖

稲の実の外皮、稲のわらなどの食物繊維を特別な酵素で分解して作られたオリゴ糖のことをいいます。自然界にも存在はしますが、ごく少量です。他のオリゴ糖の中には消化液によって、一部が分解されてしまうものがありますが、キシロオリゴ糖の特徴は消化されずに胃や小腸を通過し、そのままの状態で大腸まで届くことです。キシロオリゴ糖を摂取すると、徐々にお腹の中でビフィズス菌が増殖します。増殖したビフィズス菌は、消化管内で食物繊維を分解して、新しく作られたキシロオリゴ糖も栄養源にします。

特定保健用食品に利用されているオリゴ糖

スポンサードリンク

ページの先頭へ