便秘解消サイト

便秘と痔の関係

痔は女性にも多い病気

痔は女性にも多い病気痔は女性にとって、なかなか打ち明けにくい、おしりの病気です。「痔かな?」と思っても、恥ずかしくて病院に行くことに抵抗のある女性の人は結構多いと思います。そうした女性の中には、痔は男性特有の病気で、女性には少ないと誤解している場合が多いみたいです。
しかし、実際は痔で悩む男女は、いまや日本人の3人に1人といわれるほど、痔はポピュラーな病気です。通院している患者さんは少ないかもしれませんが、痔は女性にも多い病気です。なぜなら痔は、便秘と切っても切れない関係にあるからです。

痔と便秘の切っても切れない関係について

女性は男性に比べ便秘になりやすく、それは同時に痔にもなりやすいということになります。簡単にいえば、便秘は痔の原因になり、痔は便秘を悪化させ、悪化した便秘が痔をさらに悪化させるのです。この悪循環は、放っておけばどんどん悪くなってしまいます。
女性は恥ずかしいという気持ちが強く我慢しがちですが、我慢ができなくなるまで酷くなって病院に駆け込む前の軽い症状のうちに勇気を出して医師の適切な治療を受けるのが重要です。

痔の種類について

自分が痔なのかどうかも分からないという人も多いでしょう。そこで、人にはなかなか聞くことができない痔のことを、少し紹介していきます。痔には大きく分けると、硬い便を出そうとして肛門の粘膜が裂けてしまう「裂肛(切れ痔)」、便秘でいきむために肛門の血液循環が悪くなり血管の一部がこぶ状になってしまう「痔核(いぼ痔)」、直腸や肛門の粘膜が細菌によって化膿し、お尻に膿がたまる「痔ろう(あな痔)」の3種類があります。それぞれの特徴を知って、自分が痔なのかどうかを把握しましょう。

痔の種類図解

裂肛(切れ痔)

硬い便を出そうとして、肛門の粘膜に傷がついた状態です。出血や痛みがあります。

痔核(いぼ痔)

肛門の静脈に血液がうっ血し、こぶのようなものができる痔です。妊娠中にできやすい痔です。

痔ろう(あな痔)

肛門と直腸の境目で細菌感染が起こり、化膿する病気です。便秘が原因で起こることは少ない痔です。

スポンサードリンク

ページの先頭へ