便秘に効果的なレシピ

ゴーヤジュース

ゴーヤには非常に多くの健康効果があります

ゴーヤには多くの健康効果が!ゴーヤに含まれる苦み成分モモルジシンは、大腸壁を刺激し、腸の蠕動運動を活発にするため便秘の予防や解消にも効果的です。
ゴーヤには、ビタミンCやカロテン類、キサントフィル類といった高い抗酸化作用をもたらしてくれる成分も豊富に含まれています。なので、高血圧、高血糖、高コレステロールといった生活習慣病などの予防にも有効です。更に、皮膚を紫外線から守ってくれるので、美肌づくりにも有効です。このほかにも、目の疲れを防いだり、加齢性白内障の進行を抑えたりするなどの様々な効果があります。

「ゴーヤジュース」を飲むことは優れた健康&美容法!

ゴーヤジュースで便秘解消!多くの優れた効果のあるゴーヤをまるごとジュースにすれば、健康成分を余すことなくとり入れることができます。しかも、生しぼりの「ゴーヤジュース」は、ゴーヤに豊富に含まれているビタミンCなど熟に弱い成分を破壊せずにすむという利点もあります。ゴーヤジュースを作ろうという人に是非おすすめしたいことがあります、それは、普通は捨ててしまう種やわたもいっしょにジュースにするということです。
ゴーヤの種子には血糖値を低下させる成分、わたには食物繊維が豊富に含まれているからです。不溶性の食物繊維は、腸を刺激して便通を解消してくれますし、水溶性の食物繊維は、脂肪分を包み込んでそのまま便として排出してくれるので便秘解消や、ダイエット効果も期待できます。このように、ゴーヤジュースを飲むことは非常に優れた健康&美容法といえます。1日コップ1杯以上、食事時に飲むと、ゴーヤの有効成分が分解されにくく、また、血中濃度を保つことができるのでより効果的です。

ゴーヤジュースの作り方

材料

(4人分)●ゴーヤ…1本●レモン汁…500mℓ

①ゴーヤを水でよく洗い、3~4cm幅に切ります。種やわたはとり出さないようにしましょう。
②レモン汁、水500mℓをミキサーに入れます。レモン汁、水の量は好みで調整しても構いません。
③ミキサーを回して完成です。長時間回すことによって、壊れてしまう成分もあるので10~20秒を目安に回してください。酸化しやすいので、早めに飲むようにしましょう。

飲む量

1日1杯を目安に、食事と一緒に飲みます。

スポンサードリンク

ページの先頭へ