乳酸菌とビフィズス菌で便秘解消

乳酸菌とビフィズス菌で便秘解消

ビフィズス菌の便秘への効果

ビフィズス菌で悪玉菌の働きを弱め便秘を解消!

人間の腸内には、腸内細菌と呼ばれる約100種類、約100兆個にも及ぶ細菌が生息しているといわれます。この腸内の細菌には、人間にとってプラスな働きをする「善玉菌」と、マイナスな働きをする「悪玉菌」にがあり、ビフィズス菌は、人間に有益な善玉菌に属しています。ビフィズス菌は、便秘の原因となる悪玉菌の働きを弱めるくれます。それが便秘を解消する為の効果的な働きをしてくれるのです。

乳酸菌は食品からの摂取する

乳製品で乳酸菌の効果を生かす!

腸まで届く乳酸菌を食べましょう!ビフィズス菌や乳酸菌を食品から摂取するのは、あまり効率が良いとはいえません。なぜなら乳酸菌は、腸に届く前に胃で滅菌されてしまうからです。乳酸菌の効果をいかすためには、生きたまま腸に届く必要があります。腸まで届く乳酸菌を含んだ製品を開発しているのが乳製品業界です。乳酸菌が腸まで届いて効果を発揮する安全でおいしい製品がたくさん作られています。

ビフィズス菌のはたらき

便秘の予防や解消に効果的!

●腸内で悪玉菌の繁殖を抑えます。
●免疫力を高め、病原菌に対する抵抗力を増加させます。
●腸の働きを元気にし、便秘を防止します。
●ビタミンBやビタミンKを合成し貧血、肌荒れを防止、出血性疾患の予防をします。

スポンサードリンク

ページの先頭へ