赤ちゃんの便秘解消法

赤ちゃんの便秘

赤ちゃんが便秘になりやすい理由

赤ちゃん乳児の頃はまだ腸が十分に働かず便秘になりやすいです。毎日排便がなくても赤ちゃんが辛そうにしていなければ問題はないでしょう。赤ちゃんが必死にいきんでも中々排便できなかったり、硬い便をして肛門が切れるような状態であれば便秘になってしまいます。赤ちゃんが排便をスムーズにできないのはお腹に力を入れて肛門を緩めるという排便に必要な動作が上手にできないからです。上手にできるようになるのは離乳食が始まる頃になります。赤ちゃんの排便周期には大人同様に個人差があります。1日に複数回する子もいれば1回の子、1日おきの子など様々です。

ヒルシュスブルングス病のように排便がうまくできない病気もあります。便秘があまりひどいような時は医療機関で診てもらったほうがいいでしょう。

赤ちゃんが便秘が便秘になってしまったら

綿棒浣腸は効果抜群です赤ちゃんが便秘になった時は、仰向けに寝せてゆっくりと優しくお腹を時計回りにマッサージしてあげるとよいでしょう。肛門を刺激するのも有効です。綿棒浣腸という方法があります。やり方は、綿棒の先にベビーオイルやローションを付けて肛門を刺激してあげてください。赤ちゃんによっては、これで便意をもよおして大量にする子もいます。この方法はかなり有効です。この他にもキャラメル浣腸などの方法もあります。
水分の摂取も大事でなので母乳やミルクを十分に与え、お風呂の後には白湯(水を沸騰させたもの)やお茶を飲ませてあげてください。糖水を飲ませることも効果があります。お湯100mlに対して4gの砂糖を目安に溶かすとちょうどいい濃度の糖水ができます。

スポンサードリンク

ページの先頭へ