便秘に効果的なレシピ

寒天ヨーグルト

ヨーグルトに「寒天」を加えると便秘予防効果がアップ!

腸内の善玉菌を増やすのに一番適した食べ物は「ヨーグルト」です。乳酸菌やビフィズス菌がたっぷり含まれているだけでなく、カルシウム、タンパク質、脂肪、ビタミンBが含まれ、栄養的にもすぐれた食品なのがその理由です。便秘予防のためにヨーグルトを食べているという人は少なくないと思います。しかし、残念なことに、ヨーグルトには、よい便をつくるために必要なもうひとつの要素、食物繊維が足りません。そこで、ヨーグルトに「寒天」を加えると、便秘予防効果が一気にアップします。

寒天ヨーグルトは「排便力」を高めてくれる

寒天ヨーグルト(バナナ)

寒天には体内で消化吸収されない、不溶性食物繊維が豊富です。食物繊維は便の量を増やし、余分な脂肪やコレステロールを吸着して、便といっしょに排出してくれます。また、ビフィズス菌のエサになり、善玉菌の活動を活性化する作用もあります。さらに注目なのは寒天の保水力です。寒天は適度な水分を閉じ込めて、やわらかく、排泄しやすい便をつくります。つまり、便を出すカとしての「排便力」を高めることが期待できます。
1日に食べるヨーグルトは200g、寒天は4gがベストです。食べる時間によらず、毎日つづけるて食べることが重要になります。種類はプレーンがおすすめですが、時にはフルーツを加えたり、自己流のトッピングで気分を変えたりするのもおすすめです。便は「腸の健康を知るバロメーター」です。腸に何か悪いところがあれば、便の形や色、臭いにあらわれます。つまり、便は体からの「お便り」といえます。便秘を解消したいと悩んでいる人は毎日よい便がつくられるように、簡単でおいしい「寒天ヨーグルト」を食べることを習慣にしてみてください。

寒天ヨーグルトの作り方

材料

(1日分)●ヨーグルト…200g●粉寒天…4g
※プレーンタイプのヨーグルトがおすすめです。善玉菌を増やすに優れていたり、ビフィズス菌が生きたまま腸に届くなど、さまざまな特徴のある特定保健用食品を利用するのもよいでしょう。

①ヨーグルトに粉寒天を入れます。
②まんべんなくかきまぜて完成です。

トッピング

善玉菌をふやすオリゴ糖の豊富なバナナ、食物繊維が多いきな粉などがおすすめです。

スポンサードリンク

ページの先頭へ