便の異常をチェック

便の異常をチェック

便をチェックして健康をチェックしましょう

病気になると便に異常が出ることがあります。自分の身体に異常が起きていないかどうか、便の色や形状等を排便時にチェックすることで病気を察知しましょう。

正常な便

便の色

理想的な便の色は黄褐色です。また、腸内に便が留まる時間が長くなるほど便の色は濃くなっていきます。また、肉食が多い場合も色は濃くなります。

便の匂い

正常な便の状態は無臭ではないですが、ニオイもそんなにキツくなくありません。肉食ばかりに偏っていると、臭いは強い腐敗臭になりますし、でんぷん質ばかりに偏ると、酸っぱい臭いがするというのが一般的です。

腐敗臭が続くようであれば病院に行くことをおすすめします。、結腸がんの可能性があるからです。ハイターのような臭いがする場合は、赤痢の可能性があります。これも早急に病院に行くようにしましょう。

便の状態

バナナ状が理想的な便の形と言われています。70~80%の水分が理想的されていて、いきまずに、スムーズに排便できる状態が理想です。水分が少なくなるとコロコロした便になり、なかなかスムーズに出ない状態になります。反対に、水分が多くなりすぎると下痢になります。

便の異常

下記のような異常が便にある時は、病気の可能性がありますので注意が必要です。

クリックするとそれぞれの便状態の紹介ページに移動します。

スポンサードリンク

ページの先頭へ